« 淀川長治映画塾 | トップページ | 映画の貌 »

2004.01.03

映画に目が眩んで 口語篇

1977年~1993年に映画評論家、蓮實重彦が行った講演と対談の記録。このなかに小川紳介を追悼する「キャメラの向こう側に身を置いた瞬間、小川紳介は人間であることを止めた」と題するテキストを収録。

kurande.GIF

蓮實重彦著 1995年10月発行(中央公論社)

|

« 淀川長治映画塾 | トップページ | 映画の貌 »