« 2004年7月1日 | トップページ | 2004年8月9日 »

2004.08.05

更新しました

我々が初めて小川映画を観たのは2001年夏のことに過ぎませんが、それでも3年の経験を踏まえて言えば、"小川映画は夏場に上映されないのが相場"。いわば、夏枯れ状態。今年もどうやら6月、7月、8月の3カ月間は、小川映画を眼にすることなく過ぎていきそうな気配です。

しかし、落胆しきりの我々の元に早くも9月の上映情報が舞い込んできました。「現認報告書 羽田闘争の記録」と「三里塚・第三次強制測量阻止闘争」の2作品が観られる今回の上映会、じつは「ドキュメンタリー・ドリーム・ショー──山形in東京2004」と題する特別プログラムのひとつ。リリースによれば、昨年の山形映画祭2003で上映された作品を中心に東京独自のプログラムを加え、約100作品(!)を上映するまさにドリームショーです。詳しくは「小川映画全国上映情報」から。

text by Ohsaki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月上映情報(東京)

ドキュメンタリー・ドリーム・ショー──山形in東京2004
日程:9月8日~10月11日
会場:国際交流基金フォーラム(9月8日~15日)、アテネ・フランセ文化センター(9月18日~10月11日)、映画美学校(9月19日・23日・26日)

*抜粋*
9月30日(木)
14:00~「現認報告書 羽田闘争の記録」1967年(58分)、「三里塚・第三次強制測量阻止闘争」1970年(50分)
会場:アテネ・フランセ文化センター

料金:
【1回券】前売1000円/当日1300円
【3回券】前売2700円/当日3600円
【10回券】前売8000円/当日10000円
【フリーパス】15000円(限定100枚・山形国際ドキュメンタリー映画祭2003カタログ付き)
【アテネ・フランセ文化センター会員、映画美学校生】1プログラム800円(当日のみ)
*前売券は、アテネ・フランセ文化センターおよびチケットぴあ(Pコード:473-378)、都内プレイガイドにて発売中。回数券は複数人数で使用可能(フリーパスは、利用者ご本人のみ)
主催:山形国際ドキュメンタリー映画祭実行委員会、(財)国際文化交流推進協会(エースジャパン)、アテネ・フランセ文化センター、映画美学校、シネマトリックス
問い合わせ:03-5362-0672(映画祭東京事務局)
詳細は、山形国際ドキュメンタリー映画祭のHPをご覧ください。


|

« 2004年7月1日 | トップページ | 2004年8月9日 »