« 2004年12月10日 | トップページ | 2005年1月12日 »

2005.01.08

更新しました

迎春。松も開けてしまいましたねえ・・・・などと呑気にご挨拶などしている場合ではありません。今年は新年早々から全国で小川映画が上映される模様。1月は山形で2カ所、東京で1カ所です。こういう事態を"春から縁起が良い"と呼ぶのでしょうね。

さて、東京では1月29日の上映で4弾目を数えるneoneo坐の連続上映企画「小川紳介のコスモス~小川プロの仕事」に『三里塚・第二砦の人々』がいよいよ登場です。

思い返せば2001年の夏、アテネフランセ文化センターでこの作品を眼にしたのが、初の小川体験でした。空港建設反対という深刻なテーマを孕みながらも、非常にスペクタクルな作品で、しかも会話を中心に随所にユーモアを感じさせる内容。すっかりハマリ、以来小川映画に肩までどっぷり。管理人二人にとっても思い入れの強い作品です。

その経験から言えば、小川映画に馴染みのない向きにも入りやすく、楽しめるはず。小川紳介と小川プロに興味はあるが、まだ未見という向きには入門編としてお薦めの1本です。この機会にぜひ。

text by Ohsaki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月上映情報(東京)

小川紳介のコスモス~小川プロの仕事(第四弾)

1月26日(土)

14:00~16:25【Program1】『三里塚・第二砦の人々』1971年(143分)
16:45~18:10【Program2】『三里塚・岩山に鉄塔が出来た』1972年(85分)
*18:30~20:30【トーク in neo BAR】ゲスト:伏屋博雄(元・小川プロダクションプロデューサー)/トーク参加費:2000円(飲み物+大皿料理)

料金:
【当日1プログラム】1500円
【通し券(1日券)】2500円
【一般会員1プログラム】1200円
【一般会員通し券(1日券)】2200円
会員には入会金2000円で当日加入できます(1年間有効)
賛助会員(20000円)になると1年間入場無料

会場:スペースneo(30席)
東京都千代田区神田小川町2-10-13 御茶ノ水ビル1F
都営新宿線小川町駅・千代田線新御茶ノ水駅・丸ノ内線淡路町駅、B5出口より徒歩1分、JR御茶ノ水駅・聖橋口より徒歩5分
詳細は、neoneo坐のHPをご覧下さい。

| | トラックバック (0)

2005年1月上映情報(山形)

金曜上映会〈小川紳介の映画〉

1月28日(金)

14:00~/19:00~(2回上映)『日本解放戦線・三里塚の夏』1968年(108分)
16:30~(1回のみ上映)『満山紅柿 上山 柿と人とのゆきかい』2001年(90分)

料金:会員入場無料(友の会会員 半年1000円 当日入会可能
/会費1000円で月2回の上映会を半年間楽しめる)
主催:山形国際ドキュメンタリー映画祭実行委員会
会場:山形市平久保100 山形国際交流プラザ(ビッグウイング)3F 山形ドキュメンタリーフィルムライブラリー試写室
問い合わせ:映画祭山形事務局TEL:023-624-8368
詳細は、山形国際ドキュメンタリー映画祭のHPをご覧下さい。

| | トラックバック (0)

2005年1月上映情報(山形)

東北芸術工科大学図書館上映会〈小川紳介特集〉

1月19日(水)
17:30-『現認報告書・羽田闘争の記録』1967年(58分)/1回上映

料金:無料
共催:東北芸術工科大学図書館
主催:山形国際ドキュメンタリー映画祭実行委員会
会場:東北芸術工科大学図書館2階AVルーム JR山形新幹線山形駅よりバス約20分
問い合わせ:映画祭山形事務局TEL:023-624-8368
詳細は、山形国際ドキュメンタリー映画祭のHPをご覧下さい。

| | トラックバック (0)

« 2004年12月10日 | トップページ | 2005年1月12日 »