« 2005年1月8日 | トップページ | 2005年2月9日 »

2005.01.12

更新しました

いささか旧聞に属する話ですが、昨年12月「小川紳介のコスモス~小川プロの仕事」上映後に行われたneoneo坐の忘年会で、映画に携わる方々と歓談するなか、東京国立近代美術館フィルムセンターの岡田秀則さんと初めてお会いしました。

岡田さんには当サイトの開設当初、フィルムセンターに対するリンクのお願いを快諾していただいたり、岡田さんの個人サイト「アトリエ・マニューク」と相互リンクを張らせてもらったりと、お世話になっていただけに嬉しい驚きでした。

しかもこの時、岡田さんから手渡された1枚のプレスリリースがまた凄かった。日本の文化・記録映画作家たちの長短篇55作品を一挙に上映する特集企画の告知だったからです。「フイルムは記録する2005 日本の文化・記録映画作家たち」なる特集のタイトルだけは、以前からフィルムセンターのHPに掲載されていたので承知してはいたものの、詳細を知るのはこの時が初めて。正直、昂奮しました。

会期は2月22日(火)から3月27日(日)の間。小川映画に関しては『日本解放戦線・三里塚』と『三里塚・第二砦の人々』の2作品をそれぞれ2回づつ、計4回上映する模様です。小川プロが三里塚に拠点を構えていた時期に限れば、唯一のカラー作品である『日本解放戦線・三里塚』と、小川作品のなかでもかなりスペクタクル度の高い『三里塚・第二砦の人々』の2作品とは、さすがのセレクトではないでしょうか。

というわけで、「小川映画全国上映情報」に内容を掲載しましたのでご一読あれ。

2005.1.13追記:
フィルムセンターより小川映画2作品の画像をお借りすることができました。深謝。

text by Ohsaki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月上映情報(東京)

東京国立近代美術館フィルムセンター
フィルムは記録する2005:日本の文化・記録映画作家たち
Glimpses of Nippon 2005: A Japanese Documentary Tradition
2月22日(火)- 3月27日(日)

*抜粋*

2月23日(水)15:00-
3月12日(土)16:00-
『日本解放戦線・三里塚』1970年(141分)
sanrizuka


2月23日(水)19:00-
3月13日(日)13:00-
『三里塚・第二砦の人々』1971年(143分)
daini

料金:
【一般】500円
【高校・大学生・シニア】300円
【小・中学生】100円
観覧券は当日・当該回のみ有効。発券・開場は開映の30分前から。定員に達し次第締切。シニア(65歳以上)の方は、必ず年齢を証明できるものを提示のこと。
会場:東京国立近代美術館フィルムセンター 〒104-0031東京都中央区京橋3-7-6
営団地下鉄銀座線京橋駅下車、出口1から昭和通り方向へ徒歩1分。都営地下鉄浅草線宝町駅下車、出口A4から中央通り方向へ徒歩1分。営団地下鉄有楽町線銀座一丁目駅下車、出口7より徒歩5分。JR東京駅下車、八重洲南口より徒歩10分
問い合わせ:上映・展示企画に関する問い合わせは03-5777-8600(ハローダイヤル)まで。
詳細は、東京国立近代美術館フィルムセンターのHPをご覧下さい。

| | トラックバック (0)

« 2005年1月8日 | トップページ | 2005年2月9日 »