« 2005年5月11日 | トップページ | 2005年7月14日 »

2005.06.02

更新しました

今回を含めていよいよ残すところあと2回となったneoneo坐の特集企画「小川紳介のコスモス~小川プロの仕事」。第九弾を迎える6月26日の上映は『牧野物語・峠』『京都鬼市場・千年シアター』『映画の都 山形国際ドキュメンタリー映画祭 ’89』の3作品がフューチャーされました。

『牧野物語・峠』は、山形在住の詩人、真壁仁にロングインタビューを敢行。その作品と個人史を丹念に追った記録映画です。真壁さんの飄々とした風情が印象的。

『京都鬼市場・千年シアター』では、映画「1000年刻みの日時計 牧野村物語」のため京都に建てられた専用劇場「千年シアター」が、いかに若者たちによって建設されていったかを詳しく記録しています。

また、2005年は10月7日~13日に開催が決定した山形国際ドキュメンタリー映画祭ですが、その第1回開催の模様を記録するのが『映画の都 山形国際ドキュメンタリー映画祭 ’89』です。みずから8ミリビデオを回しながら海外の監督と対話する小川紳介のシーンでは、熱気溢れる語り口の健在ぶりに遭遇できます。

上映後はすっかりお馴染みとなったトークショーも開催。今回の講座には映画評論家にして、国際交流基金アジアセンター・フィルムコーディネイターの石坂健治氏がご登場の予定とか。詳しい日程は「小川映画全国上映情報」をご覧下さい。

さらに、4月、5月に続き今月も「衛星劇場」にて小川映画が放映されるようです。今回のプログラムは『日本解放戦線・三里塚』。放映日時は6月3日(金)朝9時半からと、6月14日(火)朝7時からの2回です。SKY PerfecTV、SKY PerfecTV110、ケーブルテレビなどが視聴可能で、なおかつ有料契約をされている方は必見です。詳しくは、「衛星劇場」のHPから。

text by Ohsaki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月上映情報(東京)

小川紳介のコスモス~小川プロの仕事(第九弾)

6月26日(日)

13:30~【Program1】『牧野物語・峠』1977年(43分)/『京都鬼市場・千年シアター』1987年(18分)
14:50~【Program2】『映画の都 山形国際ドキュメンタリー映画祭 ’89』1991年(93分)
*16:30~【講座】ゲスト:石坂健治(映画評論家、国際交流基金アジアセンター・フィルムコーディネイター)参加費:1500円(1ドリンク+おつまみ)

料金:
【当日1プログラム】1500円
【通し券(1日券)】2500円
【一般会員1プログラム】1200円
【一般会員通し券(1日券)】2200円
会員には入会金2000円で当日加入できます(1年間有効)

会場:スペースneo(30席)
東京都千代田区神田小川町2-10-13 御茶ノ水ビル1F
都営新宿線小川町駅・千代田線新御茶ノ水駅・丸ノ内線淡路町駅、B5出口より徒歩1分、JR御茶ノ水駅・聖橋口より徒歩5分
詳細は、neoneo坐のHPをご覧下さい。

| | トラックバック (0)

« 2005年5月11日 | トップページ | 2005年7月14日 »