2004.01.03

文献アーカイブス('92~)

小川紳介と小川プロダクション、およびその作品について書かれた文章を掲載する書籍、雑誌、小冊子の中から、1992年以降に刊行されたものを紹介しています。

|

ドキュメンタリーは嘘をつく

『A』『A2』で知られるドキュメンタリー作家、森達也監督のドキュメンタリー論考集。2002年から2003年にかけて草思社のPR誌「草思」に森監督が連載した文章を元に構成されている。各所に小川紳介の名前が散見できる。また、「第13章 ドキュメンタリーは嘘をつく」の中では「明らかに記録映画は『劇』なんですよ。絶対に事実じゃない・・・・」に始まる小川紳介の言葉も引用。

uso

森達也著 2005年3月発行(草思社)

|

聞こえてますか、映画の音[サウンド]

日本屈指の録音技師にして、小川映画のほとんどの作品にその名がクレジットされる久保田幸雄氏。本書はそんな久保田氏の足跡を氏自身のエッセイとインタビューで綴る回顧録。「第一章 劇映画の録音」「第二章 ドキュメンタリー映画の録音」「第三章 インタビュー」「第四章 黒澤明監督『酔いどれ天使』の音の世界」「第五章 久保田幸雄フィルモグラフィ」の全五章構成。

小川映画については、第二章の中で『青年の海』『1000年刻みの日時計』『満山紅柿』の三作品に関するエッセイを収録。技術的な話もさることながら、本書の中で久保田氏が「小川ちゃん」と呼ぶ小川紳介との出逢いやその関係性、撮影現場でのエピソード、映画作りに対する熱気や苦労がストレートに伝わる内容。第三章に収録されるインタビュー原稿の中でも半生を語りながら、小川紳介との仕事について触れている。

kubota.gif

久保田幸雄著 2004年10月発行(ワイズ出版)

|

映画狂人最後に笑う

映画批評家、蓮實重彦の「映画狂人シリーズ」第10弾にして最終巻。「IV映画を選ばせられて」の章に収録される「戦後日本映画100選」のなかで、1971年のベスト2作品のうちの1本に『三里塚・第二砦の人々』を選出。また「日本映画ベスト5(78~84)」でも、1982年のベスト5の1本に『ニッポン国古屋敷村』を選んでいる。

kyojinwarau

蓮實重彦著 2004年9月発行(河出書房新書)

|

広告批評 2003年10月号

ドキュメンタリー映画特集号。森達也、是枝裕和、土屋登、小林貴裕、佐藤真、河瀬直美、原一男らのインタビューを掲載。各氏の発言の中に小川紳介の名前が散見できる。

また、「ドキュメンタリー90年代以降」と題する映画評論家、大久保賢一のテキスト、「山形から世界のドキュメンタリーを見る」と題する山形国際ドキュメンタリー映画祭東京事務局長、矢野和之のテキストも収録。

koukoku.GIF

2003年10月発行(マドラ出版)

|

映画の政治学

7人の専門家(長谷正人、斉藤綾子、中村秀之、飯岡詩朗、ミリアム・ブラトゥ・ハンセン(畠山宗明訳)、藤井仁子、北小路隆志)の論文によって構成される本書。編集の意図を編著者のひとりである長谷正人は、「はじめに」で次のように表明している。「映画を政治的に語ること。映画をめぐる日本の言説空間に『政治』を導入すること。私たちが本書で企画していることは、この簡明な表現にほぼ尽きているといえよう。」

小川紳介、および小川プロに関しては、第7章に「反到着の物語--エスノグラフィーとしての小川プロ映画」と題する北小路隆志の論文を収録。小川映画に共通する導入部において見せる「いきなりさ」=「対象との『出会い』の場面を描かない。つまり『到着の物語』は割愛もしくは排除される」(本文より)を、反到着の物語と位置づけその論を展開する。

seijigaku.gif

長谷正人/中村秀之編著 2003年9月発行(青弓社)

|

ユリイカ 2002年7月号

漫画家、高野文子の作品と小川映画の隣接性を指摘する批評家、阿部嘉昭の評論「高野文子のマンガはなぜ速読ができないのか」を掲載。

eureka.GIF

2002年7月発行(青土社)

|

帰ってきた映画狂人

映画評論家、蓮實重彦の「映画狂人」シリーズ第3弾。風琳堂刊『シネアストは語る――5 小川紳介』に発表された「小川紳介の映画を語る(講演)」を再録。

kyojin.GIF

蓮實重彦著 2001年2月発行(河出書房新社)

|

ドキュメンタリー映画の地平(上)

『阿賀に生きる』『SELF AND OTHERS』などで知られるドキュメンタリー映画作家、佐藤真監督が著した上下二巻組のドキュメンタリー論集。上巻第一章「暮らしながら撮る」に、「スタッフと共同生活を続けながら撮る・小川紳介」の項を設け、作品論と作家論を展開。

makoto.GIF

佐藤真著 2001年1月発行(凱風社)

|

映画作りとむらへの道 福田克彦の仕事

目次
◆はじめに 「映画作りとむらへの道」復刻までのこと/波多野ゆき枝
◆批評.1 ポスト小川プロ的な映画作りにむけて/北小路隆志
◆批評.2 福田克彦の映画作りと小川プロへの道/阿部マーク・ノーネス
◆対論.1 山形国際ドキュメンタリー映画祭オープニング上映に際して/飯塚俊男×阿部マーク・ノーネス
◆エッセイ きちんと別れるために/福田克彦
◆対論.2 福田克彦、ひとつの対話「河瀬直美のリアルを探して」/福田克彦×河瀬直美
◆「映画作りとむらへの道」シナリオ採録
◆福田克彦フィルモグラフィー&バイオグラフィー
◆福田克彦作品解説

eigazukuri.GIF

2000年11月発行(福田克彦作品ライブラリー)

|